Maison Chaudun and JEAN-PAUL HÉVIN

 

食べました.

  • Maison Chaudun パヴェ ノワール 25 個入り ¥1,512
    マツコの知らない世界で放送されたので興味を持って購入.
    ビタータイプの,ノワール.お酒くささは感じられず,
    子どもから大人まで楽しめそう.
    オレは食べてないので比較的できないけど,
    ノワールに関してはしっかりカカオの味が感じられる.
    パッケージは封蝋で閉じられたような留め具に,
    剣の形をしたピックつきでとても可愛く,
    女性への贈り物でもよろこばれそうな感じ.
    お値段が,1500円程度というのも気軽で良いと思う.
    ただし,生チョコ分野と比較すると,
    お酒くさくない点が良いところではあるものの,物足りなさを感じる.
    個人的には,お酒の強い生チョコが好きなので
    ROYCE の山崎,白州,グランマニエのシリーズのほうが好き.
    リピートあり/なし で言えば,インパクトに欠けるので無し…

  • JEAN-PAUL HÉVIN ボワットゥ ショコラ 19個入り フレンチキス  ¥7.034

    • Annapurna(アナプルマ)
      マロン風味のムースガナッシュとミルクチョコ.
      そこにマロンぽいほくほくとした層があるけど,
      マロン嫌いでも食べれるくらいの風味.
      触感や鼻から抜ける感じがマロンぽさは感じられる.
      #ちなみに私はあんまり洋風マロンは得意じゃないです

    • Cœue noir rouge(クール ノワール ルージュ)
      赤味噌,ヘーゼルナッツ,アーモンドのプラリネ.
      ビター強めのチョコ層が強い印象.ヘーゼルナッツ感が強く,舌に残る.
      苦味も強めで,紅茶よりもコーヒー,赤ワインに合いそう.

    • Manon(マノン) >すき!<
      噛んだ瞬間,とても強いキャラメルの香り.
      キャラメル風味のムースガナッシュとミルクチョコ.
      とても甘くてやさしい味で,紅茶と一緒にあわせて食べたいショコラ.
      「キャラメル」というイメージより,「カラメル」といった感じ.
      ムースガナッシュが滑らかに溶けて,中に岩塩のような塩粒が入っていて,
      触感の変化と味の変化がとても楽しい.
      塩をいれたスイーツの,甘みを引き出した感があまり好きではないが,
      この塩がいやらしさを感じず,キャラメルの甘さをさっぱりとさせてくれて,
      更にコクを感じる.すごく好き.

    • Caraibe(カライブ) ←たぶん
      強いカカオの味.なめらかなガナッシュで渋めのチョコレート.
      男性でも食べれそうな感じ.
      赤ワインよりは,ウォッカやジンと合わせたい感じがする‥気がする…
      コーヒーでも良い気はするけども,
      渋みを感じたいならコーヒーだと薄まってしまうかも.
      紅茶と合わせるには少し強すぎ.
      買うか?というところでは,無し.
      ビターは好みだけど,強すぎるのは少し好みではない感じ….

結論:

今日の一番は,JEAN-PAUL HÉVIN Manon.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。