ホワイトデー近いしおすすめ聞かれたので好きに語るよ!

ホワイトデーが近くなりましたね!
男性の方々は,そろそろお返しを購入される頃では?
そんな男性に,完全に私の好みでまとめたおすすめをピックアップしたいと思います.

  1. もちろん,JEAN-PAUL HÉVIN

  2. http://www.jph-japon.co.jp/

    完全に私好みであり,渋みや苦味が苦手な方には向かないかも.
    赤ワインとか好きな女性におすすめ.ホワイトデーセットになっているものもきになりますが,定番ショコラも美味しいものが多いです.私はこの2つが特にお気に入り.エヴァンのキャラメルはちょうど良い甘さで好き.

    ・マノン
     キャラメル風味のムース ガナッシュにフルール ド セルのアクセント。
    ・アレグロ
     アールグレイティーの香りをつけたビターガナッシュをビターチョコレートでコーティング。

    ホワイトデーコレクションとして出ているのは,これ気になってます.
    ・ヌー パピヨン レ
     ベルガモットの果汁とコンフィで爽やかに仕上げたミルクチョコレートガナッシュ。 モードな蝶ネクタイのデザインをあしらいました。
    → 先日頂いた,Kiss from France もベルガモット果汁とコンフィのショコラだったんですが,酸味とショコラの甘さの絶妙なバランスが良い感じ.これも期待.
    ・クール ギモーヴ ノワール
     カシス風味のギモーヴをビターチョコレートでコーティング。 柑橘の香りが特徴のティムットペッパーのアクセント。
    → 定番にはギモーヴショコラはないので,純粋に楽しみ!美味しそうな要素しかない….

    本命のお返しなら,くまさんつきほしいな(笑)
    ちなみに,ジャンポールエヴァンはマカロンも美味しいです.マカロンが美味しい,おいうより中のガナッシュが美味しい.チョコレートよりも,お値段も控えめ(少しだけだけど)だし,カサもあるので見た目にもかわいいし,で良いかもしれません.

  3. めずらしめ,AUDLEY

  4. http://plaisir-inc.co.jp/

    あまり目にしないところで,高島屋横浜店/高島屋日本橋店のみになります.
    苺とチョコレートの専門店.とってもかわいくて,パッケージが乙女心をくすぐりそうな,かわいいピンクやミントカラー.
    あんまりチョコレートに興味ない女性だけではなく,チョコレート好きな女性でも,パッケージの可愛さで喜ばれるはず.
    (逆に,普段召し上がらなそうなので,物珍しさも相まって良い)
    ホワイトデー期間は,全国五ヶ所で購入可能なそうです.

    ・ジェイアール名古屋タカシマヤ 3/1~3/14 地下1階
    ・大阪タカシマヤ 3/1~3/14 地下1階
    ・日本橋タカシマヤ 3/2~3/14 1階
    ・横浜タカシマヤ 3/8~3/14 地下1階

    チョコレートの味自体は,特筆することなく,おいしいな,くらいなんですが私は完全にパッケージでやられました.
    くれたらセンスあるな,すげえ…的な….

とりあえず,今日はここまで.また続編まとめよ〜

やっぱり大好き JEAN-PAUL HÉVIN

まだまだ続くよ,チョコレート!

  • JEAN-PAUL HÉVIN ボワットゥ ショコラ 19個入り フレンチキス  ¥7.034
  • Trinidad(トリニダ)ひだり上
  • ライムの皮で香り付けしたビターガナッシュ.かなりビター感が強く,渋みと苦さをしっかり感じることができる.
    その一方で,嫌らしく後に残る感じではなく,むしろ後味はさっぱりとしていて苦味が残らず,爽やかに来ていくのがすごい.
    ライムというより,かぼす感のような….全体バランス的に,少しの甘みと全体さっぱりがジントニックみたい.
    水だけど,特筆するほどの好みなテンはないのでリピートなし.

  • Saphir(サフィル)みぎ上
  • サクサクとしたフィヤンティーヌ(*)とヘーゼルナッツ,アーモンドのクリーム.
    ※フィヤンティーヌとは,薄く焼いたクレープのようなものを砕いた薄いカケラだそうな
    口に含んだ瞬間,ヘーゼルナッツの濃ゆい香.花から抜けるアーモンドの香もとても良い.
    しかし,何より楽しいのが噛んだ瞬間のサクサクっとした触感,これがフィヤンティーヌ…!
    (なんか,セリヌンティウスみたいなゴロ)
    ルマンドを食べてる触感にだいぶ近い.
    ナッツ系は濃厚であまり好きではないが,この触感が全体を軽やかな仕上がりにしていてとても絶妙.
    渋みや苦味もないので,幅広い層で受け入れられそう.
    ナッツ類が好きであれば一押し,楽しいし美味しい.お供に,紅茶を頂いたが合わせたらとても香がマッチした.アールグレーのベルモット感と相性がいいのかな.

  • Kiss from France(キス フロム フランス)中央
  • ベルガモットの荷重とコンフィを加えた柔らかいキャラメルガナッシュ.
    最高に美味しい,尊い.キャラメルやばい.おいしい.
    なめらかなキャラメルクリームには,酸味がきいていて,柑橘の酸味感がレチーズケーキに近い.
    このキャラメルだけ永遠に食べていたい,というくらいの好み.
    コーティングしている周りのチョコそうも,このコンフィの邪魔をしないようなシンプルなものであるのも良い.
    酸味,たまらない.本当にたまらない.チーズケーキ感やばい.
    定番にしてほしい.この1粒で今日あった嫌なことを全部忘れられそう.最高.

このチョコメモ,実際のノートに記したものを少し改変して書いているんですが,最後の「Kiss from France」については
「最高においしい」「尊い」「やばい」が何度も買いてあって,「好き」が溢れてました.
あえて,そのまま載せてみました.中身薄っぺらくて申し訳ないですが.
定番になったら毎週金曜日,頑張った印として買ってしまいそう.もっと食べたかった,という感想.
前回登場した「Mannon(マノン)」もキャラメルでした.そういえば.
ジャンポールエヴァンのキャラメル,もしかしたら自分と相性が良いのかもしれないです.
こうして,好きな味を発掘していく作業,楽しいです.
もっともっと,いろんな味と出会って,好みを探していければなと思います.

Maison Chaudun and JEAN-PAUL HÉVIN

 

食べました.

  • Maison Chaudun パヴェ ノワール 25 個入り ¥1,512
    マツコの知らない世界で放送されたので興味を持って購入.
    ビタータイプの,ノワール.お酒くささは感じられず,
    子どもから大人まで楽しめそう.
    オレは食べてないので比較的できないけど,
    ノワールに関してはしっかりカカオの味が感じられる.
    パッケージは封蝋で閉じられたような留め具に,
    剣の形をしたピックつきでとても可愛く,
    女性への贈り物でもよろこばれそうな感じ.
    お値段が,1500円程度というのも気軽で良いと思う.
    ただし,生チョコ分野と比較すると,
    お酒くさくない点が良いところではあるものの,物足りなさを感じる.
    個人的には,お酒の強い生チョコが好きなので
    ROYCE の山崎,白州,グランマニエのシリーズのほうが好き.
    リピートあり/なし で言えば,インパクトに欠けるので無し…

  • JEAN-PAUL HÉVIN ボワットゥ ショコラ 19個入り フレンチキス  ¥7.034

    • Annapurna(アナプルマ)
      マロン風味のムースガナッシュとミルクチョコ.
      そこにマロンぽいほくほくとした層があるけど,
      マロン嫌いでも食べれるくらいの風味.
      触感や鼻から抜ける感じがマロンぽさは感じられる.
      #ちなみに私はあんまり洋風マロンは得意じゃないです

    • Cœue noir rouge(クール ノワール ルージュ)
      赤味噌,ヘーゼルナッツ,アーモンドのプラリネ.
      ビター強めのチョコ層が強い印象.ヘーゼルナッツ感が強く,舌に残る.
      苦味も強めで,紅茶よりもコーヒー,赤ワインに合いそう.

    • Manon(マノン) >すき!<
      噛んだ瞬間,とても強いキャラメルの香り.
      キャラメル風味のムースガナッシュとミルクチョコ.
      とても甘くてやさしい味で,紅茶と一緒にあわせて食べたいショコラ.
      「キャラメル」というイメージより,「カラメル」といった感じ.
      ムースガナッシュが滑らかに溶けて,中に岩塩のような塩粒が入っていて,
      触感の変化と味の変化がとても楽しい.
      塩をいれたスイーツの,甘みを引き出した感があまり好きではないが,
      この塩がいやらしさを感じず,キャラメルの甘さをさっぱりとさせてくれて,
      更にコクを感じる.すごく好き.

    • Caraibe(カライブ) ←たぶん
      強いカカオの味.なめらかなガナッシュで渋めのチョコレート.
      男性でも食べれそうな感じ.
      赤ワインよりは,ウォッカやジンと合わせたい感じがする‥気がする…
      コーヒーでも良い気はするけども,
      渋みを感じたいならコーヒーだと薄まってしまうかも.
      紅茶と合わせるには少し強すぎ.
      買うか?というところでは,無し.
      ビターは好みだけど,強すぎるのは少し好みではない感じ….

結論:

今日の一番は,JEAN-PAUL HÉVIN Manon.

たべた:みなも – Tokyo Chocolate –

たべました.

DSC05464

DSC05463

¥1,512 (税込み)

ガナッシュが結構固めなのと,苦みの風味が少し好みじゃなかったです.
硬めのゼリー層の味・香は好みですが,全体としてはうん?という感じ.
あと,少しゼリー層も硬めなので,全体としてこわばった印象.
もうちょっと,ふわっと食べれるショコラが好きだなー.

トーキョーチョコレートは,メリーのプレステージブランドなそうな.
パッケージ化されてる,チョコレートやキャンディば好きですが,
マカロンとかも好みではなかったので相性がよくないのかも.

メリーはチェックのカンカン入りでいいかなー.

2017 サロン・デュ・ショコラ 参戦

今年も,サロン・デュ・ショコラの季節になりました!
本日,2/1 は伊勢丹三越カード会員の限定公開だったので,毎年恒例のサロン・デュ・ショコラ有給を使って参戦してきました.

去年,一昨年は西新宿のNSビル(だったと思う)でとても狭く,場内が殺気立った雰囲気があり,
だいぶ戦場でした.(すれ違えないレベル)

今年は会場が,有楽町の東京国際フォーラム.
会場の床面積が増えたことに加え,入場規制をしていたため場内ですれ違えないということはなく,
だいぶ買い物しやすかったです.

ただ,客さばきはゆっくりなお店も多い/Web でも掲載していない商品も多いため,一人あたりの買い物にかかる時間がだいぶ長く感じました.
前もって,全部チェックできていれば…という気持ちも半々.

なお,自分が一番のお目当て,ジャンポールエヴァンは
12時時点で,会場限定のショコラはほとんど売り切れ.さすが.

初日ということもあり,有名ショコラティエも来場されていて,
自分も大好き,ジャンポールエヴァンで購入,サイン+一緒に写真撮ってもらいました.

ファンサービスゥ‥

モリヨシダ氏はお昼ごはんで抜けておりました.ざんねん.

というわけで,今年はこんなラインナップで.
C3krZt_UcAE3Y0w
<必須だと思ってたリスト>
・モリヨシダ
→通販で購入したものの販売だったので,会場で購入は見送り.通販届くのまち

・JPH
→ 19個いり,会場限定ショコラ,6個いり.

・ブルーノ ルデルフ
→サーディン の,お魚さん

・エスコヤマ(2016コレクション)
→並びすぎ諦め(このあと予定あったのでぐぬぬ

・アンティカ・ドルチェリア・ボナイユート
→板チョコ.ジャリジャリした触感… という表現が気になり購入.

<余裕があれば買うリスト>
・ダヴィドカピィ
→予算と,中身と相談.断念.

・クリスチャン・カンプリニ
→予算と,中身と相談.断念.

・ベルアメール京都別邸
→見たら違ったのでやめた

・トーキョーチョコレート
→気になっていた,「みなも」を購入.

 

<追加したもの>
・メゾンショーダン
→ マツコの知らない世界でやっていたので,生チョコ購入.

 

チョコの感想はまたあとで〜〜

 

BirthDay Present * Summary

誕生日でした.また一つ歳を重ねました.何も成長していなく,ただただ体力の衰えを感じる日々です.
今年はすごい量の誕生日プレゼントが届きました.
大勢の方に祝っていただいて嬉しい限りです.

プレゼントサマリ

・夏みかんの缶詰5つ *新インスタンス君
・ワッフル型 *新インスタンス君
・アイスメーカー *新インスタンス君
・蒼龍 ジャパンワイン *しーちゃん
//桜の金粉がかわいい,はらぺこ青虫の傘もいただきました!
・→Pia-no-jaC← のスコア  *きのこさん
・Tanqueray No.TEN  *ゆったん
・ごちそうさんレシピ本 *さぼちゃん
・あひる風呂 *さぼちゃん
・SABON ラベンダーアップル *ひかりさん
・ごちそうさんレシピ本2 *いまにゅーさん
・→Pia-no-jaC← のスコア Disney *いまにゅーさん
・ディーセストリートメント *でんぱさん
・午後の紅茶2Lx12本 *でんぱさん
・色雫  躑躅 *羊さん

・色雫 秋桜 *めぐるさん
・カラーコーンガイドバー *めぐるさん(写真ないよ!)
・宇野亜喜良 ファンタジー挿絵の世界 *すてねこさん
・ROXY ビーチサンダル *ぴーすん

みんなありがとーーーーー!

ABC cooking 契約コース終了,通いきって振り返り

ABC Cooking に通っていました.
一昨年から少しずつ通っていたコースが終了したので振り返りを備忘録に.

そもそも,ABC って?

ABC Cooking とは,全国展開している料理教室です.
( link -> ABC Cooking Studio )

私が契約したのは,パン・ケーキ・クッキング(食事)を 6 回ずつのコースでした.
支払い方法は,一括で払ってもよし,分割で払ってもよし.お好きにどうぞ,って感じでした.
ちなみに,ABC では,「この日に行かなければいけない」という制約がありません.
あるのは,期限だけ.
そのため,「今月はいかない,来月行こう」といった調整が簡単でした.これは良い点だったと思います.
また,いくつもある教室のうちどこでレッスンを受けても構いません.
Web 予約できるのもコミュ症的には気が楽でした.

よかったこと

  • 料理をするきっかけになった
  • 家でも料理をする努力するようになった
  • 家でパン作りができるようになった,しかも簡単
  • お弁当のレパートリーが増えた
  • 休みの日に外に出るようになった
  • 新たなカフェ・レストランの発掘に繋がった
    (基本的に外に出ないので,ABC の前にランチするように)
  • 知らない人とご飯をたべることのリハビリ
    (ABCのクッキングコースは作ったものを参加者と一緒に食る)
  • 良い気分転換に
  • 嫌いなものも食べるようになった,食わず嫌い等

よくなかったこと

  • 担当の先生がつくシステムはいらない,先生がころころ変わるし
    あまり恩恵を受けたこともない
  • 店舗による施設格差が結構あるので,吟味が必要
    例えば,土足OKなのか,スリッパ必須なのか,等.
    コートをかけるスペースがあるかないか.
    食事と一緒にいただくドリンクが充実しているか?等.
  • Webシステムが全体的にイケてない
    – 入会した当時はPWポリシーがぬるぬるすぎて,むしろPWが思いつかなかった
    – コースの予約はWebから可能で,予約枠を越えてのキャンセル待ちもできる.
    これに関しては良いと思うが,無事にコース満了した際に
    キャンセル待ちの解除ができないため,自分の予約一覧カレンダーが
    綺麗にならず美しくない.

料理教室といえば,女性だらけのイメージもあるかもしれませんが,
ABC につついては何人も男性が受講していました.
パン,ケーキについてはごくわずかだった気がしますが,
料理コースについては参加した半分には男性がいました.

みなさんも,お気軽に参加してみては?

 

<つくったものたち,写真があったぶんだけ~>

おべんとう週間

体のことも考え,お弁当を持っていくことにー.

DSC04019

・チキチキボーン
・ナスと大豆のオーブン焼き
・茹でただけほうれん草
・トマトとクリームチーズのマリネ
・もやしと牛肉と卵のスープ

 

DSC04024

・カジキの照り焼き
・アボカドと漬けマグロのあえもの的なやつ
・もも肉安めで買いすぎたので,ねぎま
・茹でただけほうれん草
・もやしと牛肉と卵のスープ

 

DSC04048

・カジキ,黒ムツの西京焼き
・唐揚げ風(ヘルシオまかせ)
・茹でただけほうれん草
・トマトにオリーブオイルとバジルかけただけ
・豚汁

来週もがんばっとこー・

自分用に Redmine たててみた

年末,風邪を引いて一切合切大掃除ができませんでした tsu です,あけましておめでとうございます.

やらなければいけないことは沢山あるのに,なにも消化できていない,やる気が起きないといった悪循環に陥ってしまい新年あけても2,3日は呆けておりました.

Amazon で購入した「防カビ君」が足元に転がり,そろそろ何かしなければ…と思い,やる気を出すためか無性にタスクやスケジュール管理をしたくなり,Redmine をたてることにしました.

(プロローグおしまい)

というわけで,遊休 VPS に Redmine たてました.

なお,普段はせいぜい iptables くらいまでしかサーバ設定しない,ミドルもアプリケーション側も触らない側のはしくれえんじにゃーなので,ぐぐりながら,コピペで立てました.先駆者の方々,ありがとうございます.

(参考)
Redmine 2.5をCentOS 6.5にインストールする手順

みたまんま,本当なにもせずにぱっぱらぱーとインストール.

引っかかったところ


  1. Apache 設定のところ,mod_passenger.so のパス体系が若干違った.
    ext -> buildout 的な.

    ◆ さんこうにしたの
    /usr/local/lib/ruby/gems/1.9.1/gems/passenger-3.0.17/ext/apache2/mod_passenger.so
    ◆ いれたの
    /usr/local/lib/ruby/gems/2.0.0/gems/passenger-5.0.23/buildout/apache2/mod_passenger.so

  2. Redmine からデータベースへの接続設定ファイルの password 表記
    Redmineからデータベースへ接続するための設定を記述したファイルを作成.

    path -> $redmine_rootPath/config/database.yml

    #以下,database.yml.example

    password は,ダブルコーテーションで囲わないと記号を使った PW の場合
    mysql を start しようとすると,failed しちゃって立ち上がらない.
    DB はじめましてな私はここで躓いた…

  3. 初期ログインができない
    ぐぐりました,初期ログインは, (id,pw) -> (admin,admin) です.
    ちゃんと Redmine が立ち上がったら,最初に ID,PW リセットしましょう.

以上終了でした.1時間もあれば適当にぽんぽん打ってて立てれました.

 

おまけ


  1. 見た目が可愛くないのでテーマを変更しました.

    (参考)
    Redmine theme list

    テーマいれたい場合は,Redmine の rootPath 直下の themes にぶっこめばOK.
    アップロードとか面倒だったので,git clone ぽいぽいできるので試してみる.

    追加したテーマは,Redmine ログイン後,[管理] > [設定] >[表示] > [テーマ] でプルダウンで選択できるようで.

  2. iPhone アプリから接続できるように変更
    手持ちの iPhone でも Redmine を簡単にみれるように,アプリを入れてみました.接続させるには,Redmine 側にも設定が必要なようで.

    Redmine ログイン後,[管理] > [設定] >[認証] > [RESTによるWebサービスを有効にする] チェックいれる

 

Backlog でいいんじゃーん?なんてリプライも貰いましたが,まぁまずは試してみるというところで.

なお,掃除は進んでおりません.

以上.
今年もよろしくお願いします.

LOOK チョコに物申す.パッケージとは,機能とは,デザインとは

不二家が好きです.
Fashionブランド,DOLLY GIRL が不二家とコラボしたときには,LOOK チョコレート柄スカートを買うほど不二家と LOOK チョコが好きです.
本日,新たな LOOK を発見.「12粒ルック(ブランデートリュフ)」.下記,Web より引用いたします.

 

お酒を使用していない洋酒チョコレート新登場!お酒やお酒入りチョコが苦手だけど、ブランデーやラムの香りは好きな方や未成年の方でも、1粒でリッチな気分が味わえるルックチョコレートです。
トリュフクリームにクラッシュしたドライクレープをアクセントとして使用した、ブランデー香る芳醇な大人の味わいです。

 

確かに,ブランデーの香りのようなガナッシュの入った,とても女性の好きそうなチョコレート.美味しいんです.
リピートしていいかな,と思うようなチョコレートでした.チョコレートとしては.

 

というと,トゲのある言い方です.
お察しの通り,思うとこあり.これがまた,非常に不快にさせる要素なんです.それも,買わないとわからない,とってもとっても厄介なものです.

 

 

さて,パッケージを開けましょう.

DSC02799

 

 

ここで,少し想像してください.中身の,中身の袋について.
右の開け口をスライドさせ,出てきた中身を.
choco01

 

 

 

チョコレートが 12 粒入っています.パッケージを開けるのです.

 

 

 

 

 

DSC02797

 

 

 

 

 

(´◉◞౪◟◉)????

図解しましょう.

choco02

全くもって,意味がわかりません.
導線がなってないんです.

食べ進めようとすると,右の外箱の蓋を開け,左手で左側に袋を開けなければいけないのです.
(もちろん,箱から袋を取り出して右手で,左から右へ切っても良いんですが)

こんなパッケージだったら,右側を,上下に開けるのがスムーズだと思います.
私の記憶が確かなら,ダースチョコレートは同様のパッケージで上下に開けるタイプだったはずです.

choco03

次の一粒,となるたびにイライラが蓄積されます.なんだこのパッケージは…と.
なお,普段販売されている黄色いパッケージのLOOKは,まず外箱は,上側に開け,
袋は左右で切るようになっています.とても自然だし,想像しやすい形です.こんな感じ.

 

choco05

逆に,このパッケージで,縦に袋を切るような仕組みになっているのであれば,それはとても取り出しにくいということは
想像できることだと思います.

こんなに気持ちの悪いパッケージのチョコに出会ったことはない,と言い切れるくらいに不快な思いをしました.
商品を作った人々は,本当にパッケージこみで試作されたのでしょうか.疑わざるをえません.

中身のチョコレートは,好みだったので何も言うことはありません.美味しかったです,とだけ.
ひとまず置いておきましょう.

商品を手にとってもらうには,デザインという要素はかかせないと思いますし,このパッケージデザインで,横開きにしたことも特に問題はありません.ただ,中の開け方にどうして拘らなかったのでしょう.それだけが疑問です.

「チョコレートが袋に入っていること」

「チョコレートを入れた袋を紙の外箱にいれること」

これだけしか考えていないのなら,こうなるのも納得です.
たかが,チョコレートですが,商品がどうしたらもっと良くなるのか,何がダメなのかを追求している気配が(少なくとも)パッケージには見られませんでした.
自分が思っている以上,「不快さ」の要素って,転がっているものなのですね…
自分も仕事をする上で意識するように心がけたいと思います.

 

こういうのって,デザインとか,人間工学とかそういう分野になるのでしょうか.
ちょっと学んでみたいな…